思春期の時期にはおでこや頬に出来やすいニキビですが、歳を重ねるにつれて胸の谷間や、鎖骨周り等の胸周りにできやすくなります。

その原因と言われているものには様々ありますが、一つがホルモンバランスの乱れに起因するものと言われています。

ホルモンバランスが乱れる事で、肌表面の皮脂分泌が過剰になり毛穴に皮脂の残留が多くなりニキビが発症しやすくなります。

その他にはシャンプーやボディーソープ、ボディーローション等の洗い残しによる刺激と言われています。

このような残留物が肌表面に留まってしまうことで、肌には大きな負担となり、ニキビの原因となってしまうのです。

また、ニキビができてしまったからといって入浴時、ゴシゴシと擦りすぎる事で、肌表面を傷つけて免疫が減少してしまうので、ニキビのできやすい環境を作ってしまう事になります。


胸ニキビにクリスタルモーション