多くの方が悩む胸元のニキビですが、ニキビと思っていたものが違う種類の発疹であるケースがあります。

そのニキビと間違えやすい発疹の中に、マラセチア毛包炎があります。

マラセチア毛包炎は、肌表面に存在するカビの一種で、このマラセチアと呼ばれるカビが大量に増えることで発症する発疹です。

ニキビのように赤くブツブツしており、汗を多くかく季節に発症しやすい事が特徴です。

胸元だけでなく腕や背中にも発疹ができ、ニキビと症状が非常に似ている為、区別が難しいと言われています。

専門の医師による診断と薬の処方が必要なので、たかがニキビと甘く見ずに、早めに病院にかかることをオススメします。

処方される薬には抗真菌剤等の内服薬と外服薬が多いです。


胸ニキビにクリスタルモーション